茨城で家族が自然葬を希望していた場合の儀式の流れ

例えば、茨城に住む家族の誰かが、自然葬を生前に希望して亡くなったとします。


その時はまず、茨城内の葬儀会場を使って家族葬や一般葬などを普通に行い、お焚き上げして頂き遺骨にして骨壺に納めます。次に儀式に集まった親戚達に、故人が生前に自然葬を望んでいたことを説明して、儀式に参加するか聞きます。
参加者が多数いる時は、次に茨城内で自然葬をしてくれる業者をネットや電話帳、または市役所で聞いたりして探します。

業者が見つかったらその店に電話をかけ、営業しているか確かめた後に店へ行きます。
受付に事情を説明すると、必要書類などを書くようにお願いされるので、書いて受付へ渡します。その後、業者がバスを用意してくれるので、参加者は乗り込みます。


バスの行き先は山の中のこともあれば、港のほうへ行く場合もあります。

エキサイトニュース関する情報選びで悩んだ時に見てほしい情報をそろえました。

山の中の場合は、沢山の木々に囲まれた人が住んでいない静かな山林で、故人の遺骨をゆっくりと撒いて終了です。


港から海へ行く場合は、業者が借りたと思われる漁船に乗り込みます。

埼玉の墓じまいについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

そして、10分ほど港から離れた場所で、故人の遺骨を海に向かって撒いて終わります。自然葬は故人の遺骨を文字通り自然へ葬る儀式なため、参加者の中からは、故人の思い出の品をほしいと願い出る人もいます。

業者はその人達のために、故人の生前元気だった頃の写真を額縁に入れて渡してくれます。


また、故人の遺骨を納めたお墓はありませんが葬儀会場で頂いた位牌があるので、仏壇に置いて拝むこともできます。